オデッセイに乗り換えを検討しているあなた。

この記事では、オデッセイをより安く買える値引き交渉術やその注意点を記載しています。

あくまで一般的で常識的な範囲の交渉にとどめています。

この記事をよむことで

・値引きして浮いた、数万円のお金を自分や家族に使って美味しいものを食べれるようになったり、旅行にいけたりします。

営業マンとの関係づくりは大事です

ホンダの営業マンとの関係づくりがとっても大事です。

というのも、オデッセイの値引きの幅を決めるのは、営業マンの裁量が8割だからです。

・横柄な上から目線の対応をとっていないか

・商談に行くときに汚いジャージを着て行っていないか

最低限の人としてのマナーを踏まえて、しっかりと営業マンと仲良くなっておきましょうね。

本体とオプション価格は分離して交渉する

多くの方が間違えているのが、オデッセイの本体と、オプションの値引きを一緒にしていることです。

本体の値引きとオプションの値引きとは、やる段階が違います。

まずは、本体値引きから頑張って、その値引きが渋い場合その次にオプション値引きへ突入します。

予算などの具体的な情報は言わない

具体的な情報を営業マンに与えない方がいいでしょう。

というのは、営業マンは具体的な情報を言えばいうほど、客の足元を見るからです。

・いつまでに買い替えたいのか

・予算はいくらくらいなのか

・どれくらいのグレードの車がほしいのか

などですね。

とりあえず、あまり具体的な話はせずに、

・とりあえずオデッセイを最優先候補として、色んな車を検討対象にしている

・とりあえず、候補になっている車をぐるぐるみて周っている

くらいで述べておくのがベストです。

一応、見積もりはもらって帰宅しましょうね。

他店や競合車種と比較する

その後、競合車や、他店からも見積もりをもらって比較します。

その後「いかがですか」という感じの電話がかかってきても。

・他の店と比較して決めている

・とりあえず嫁に相談して決める

という感じでのらりくらりとかわしておけばOKです。

早く決めてくれたら〇〇万円安くするよ!っていう営業トークも基本的にスルーで大丈夫です。

どうせ、早く決めなくても引いてくれますからね。

値引き前提の下取りはしてはいけない

値引き前提だと、下取りはかなり安くなりやすいです。

というのも、ディーラーさんは値引きされたら、自分たちが損をしないように、下取り価格を安くしているからなんですよね。

それと、ディーラーさん自体が、あまり中古車の流通網をもっておらず、中古車の価値をわかっていないため、下取りは安くなりがちなんです。

オススメなのが車買取・しかも一括車査定サイトの利用

そこで、下取りの代わりにお勧めなのが、車買取。

車買取とは車買取業者にお願いして、中古車を買い取ってもらうこと。

中古車の価値を正確に把握できる、優良業者が多いので結構高く処分できます。

しかも、一括車査定サイトを使用すると色々と楽です。

・1店舗ずつ買取店を周らなくてOK

・無料で利用できる

・複数の買取店に同時に査定に出すことができる

・わずか数分で査定に出せる

・興味本位で自分の車の価格がいくらか調べるのもOK

という感じです。

最後のオプション値引きへ突入

本体価格の値引きがしぶい場合に、オプション値引きへ突入します。

「○○のオプションつけてくれたら即決する」

「1個グレードを上げるから、○○というオプションをつけて」

なんていう、値引き交渉もありですよ・