皆さん、アルファードに乗り換えようと思って、ディーラーへ行こうとしていませんか。

この記事では、そんなあなたのためにアルファードを値引きをするための交渉術と色んな注意点を記載しています。

誰でもできる、常識的なお話を中心に記載しています。

この記事を読むことによって

・少しでも購入費用を浮かして、浮いたお金で好きなものを買ったり、家族に使うことができようになります

営業マンとの関係づくり

アルファードに限らず、車の値引き幅は、営業マンの裁量が8割くらいの行為です。

ですから、営業マンとの人間関係や言葉遣い、信頼関係の構築はとっても気を使います。

・横柄な態度

・初対面なのにため口

・商談にいくのに、汚らしいジャージを着て行っていませんか?

「あ、この客めんどくさいから、値引きは渋くていいや」って思われたらそれで終了ですよ。

本体価格とオプションは明確に分ける

多くの初心者の方が、勘違いしている点がこれです。

本体価格と値引きオプションは、段階が違います。

まずは、本体価格からスタート。

本体価格の値引きは渋かったら、オプション値引きへスタートします

予算を言わない・こちらの事情はあんまり話さない

こちらの事情を営業マンに話過ぎると、足元を見られます。

例えば

・予算は○○円だとか

・3か月以内に、ほしいとか

そういう事情です。

あんまり値引きしなくても、買ってくれるだろうって思われるのがダメなんですよね。

とりあえず、検討します!といって見積もりをもらって退散しましょうね。

見積もりをもらったら、同じようなことを他店でもやって、競合車種と比較

その後、同じような系列のお店や競合車種を販売しているお店で、見積もりをできる限り取りましょう。

アルファードの競合車種は、エルグランドですね。

その後、営業マンから「どうですか?」「今なら値引き額○○にします」とプッシュの電話があります。

・他店と比較しています

・嫁に相談しているので、即決できない

とのらりくらりと逃げましょう。

冷やかしにならない程度で、比較しながら交渉して、一番やすくて営業マンの感じのいいところで売ればいいんです。

下取りは前提の値引きはダメです!

注意してもらいたいのは、値引き前提の下取りの場合、下取りは安くされる可能性が高いということ。

というのも

・値引き額を考慮して、下取り額を安くして、ディーラーは損をしないようにしているから。

・ディーラーさんは、中古車の価値の値付けに関しては、あんまり詳しくないから

というのが理由です。

下取りの代わりに買取を検討しておこう

下取りに代わりにお勧めなのが、買取という手法。

車香取業者に売るんです。

車買取でも、多くの車買取業者を一気に比較できる車買取の一括査定サイトがオススメ。

中古車の価値を正確に把握している、優良業者ばかり紹介しました。

・無料で使用出来て

・わずか5分で査定申込完了

・とりあえず、今の愛車の価値がどれくらいかを知る興味本位の使い方でもOK

是非一度検討してみてくださいね

最後にオプション値引き頑張ろう

最後に、オプション値引きを使用します。

この際は

・「このオプションをつけるから○○円でお願いします」「

・「1個グレードUPするから〇〇というオプションを付けてください」

とお願いするとうまくいきます。