フィットといえば言わずと知れたホンダのコンパクトカーで大きすぎず小さすぎず、痒いところに手が届くことフィット。

今回は平均10万円から20万円の値引きが妥当だと言われているフィットをできるだけお得に購入するための値引き交渉術について解説します。

この記事を読むことのメリットは

・個人でも簡単にできるフィットの値引き交渉術が身に着きます
・値引きに成功することで浮いたお金を自分や家族のために投資することができるようになりますね

フィットを値引きしてもらうための交渉術

いきなりディーラーに「フィットが欲しい、安くしてくれ」と言ってもそうはいきません。なぜこれが上手くいかないのか考えてみましょう。

答えは簡単、わざわざ安くしてあなたに売らなくてもそれほど値引きをしない価格で買う人がいるからです。そこで必要になるのが交渉術というわけです。

交渉術というと口の上手い営業マンを想像されるかもしれません。

しかし車の値引きに関する交渉については口の上手さはあまり関係がないのです。

必要なのは売り手の考えを読み、安くしてでもあなたに売りたくなるように仕向けること。

なんだか難しく聞こえるかもしれませんが正しい手順に従って交渉すれば誰にでも使えるテクニックです。順番に解説していきます。

1.まずは販売状況を確認しよう

なにはともあれ、まずは販売状況の確認です。実際にディーラーへ出向き、車の特徴や価格などの情報を収集しましょう。

雑誌やネットで調べるのもダメとは言いませんが、百聞は一見にしかずと言いますよね。やはり生の情報が一番です。試乗することができたり営業マンの人柄を見れたりとディーラーでなければ手に入らない情報はたくさんあります。

注意するべきはこちらの考えをあまり表に出さないということです。

どの車を買いたいと思っているか、予算はどのくらいかなんて話はご法度。あっという間にプロの営業マンの交渉術に飲み込まれてしまいますよ。

ホンダだけでなくフィットと似たようなスペックを持っている日産のノートやマツダのデミオ、トヨタのアクアなどもチェックしておきましょう。これらの車に興味がなかったとしても後々役に立ちます。

2.フィットのライバル車と迷っていることを伝えよう

ここから交渉に入ります。まず最初にするべきは、買おうと思っている車がフィットを含め似たようなスペックを持つライバル車と迷っていると伝えることです。

もちろん演技で構いませんよ。

最初からフィットを買うつもりだと伝えてしまうと値引き交渉が厳しくなります。

これはあなたがフィットしか買う気がないならわざわざ値引きをする理由がディーラー側になくなるからです。

反対に買う車を迷っているということはディーラーがあなたに車を売れない可能性があるだけでなく、他社に売り上げを奪われる可能性もあるということです。

同じ車種でもグレードはさまざまなので価格帯も似ている車と比べるようにしましょう。似たようなスペックの車とはいえ、それぞれ特徴は違います。

たとえば燃費がいい、社内が広い、乗り心地がいいなど、なにかしらのセールスポイントがあるはずです。セールスポイントについてはディーラーでもらえるカタログを見たり、営業マンに聞いてみたりしましょう。

そこで得た情報をホンダの営業マンとの交渉材料にするのです。

「フィットの乗り心地も悪くないけどやっぱり日産のノートには少し劣る気がする……」といった感じですね。

こうなると他社に客を奪われたくないディーラーは値下げを検討せざるを得ません。

3.複数のディーラーを根気よく回ろう

ここまでは他メーカー同士の比較で値下げをするというテクニックでした。

ですが競合させられるのは他メーカーだけではありません。

実は同じメーカーでも販売店はバラバラなのです。たとえばトヨタのアクアを販売している店舗でカローラ店とネッツ店は別の経営です。

「ホンダカーズ○○」の○○の部分が違う場合も別の会社と判別できます。

こうしたディーラーを多く回ることでより競合させることができ、

値引きの幅も広がることが期待できます。

また、サブディーラーを狙っていくのもオススメです。

サブディーラーとは新車も扱っている中古車販売店や修理店などのこと。

サブディーラーのメイン商品はあくまで中古車ですので正規ディーラーほど広告費がかかっていない場合がほとんどです。

その分ディーラーよりも値引きしてくれる可能性が高くなります。

一つだけ注意しなくてはいけないのはサブディーラーで提示された価格を正規ディーラーへの交渉で使ってはいけないということです。

サブディーラーで販売している車は正規ディーラーから仕入れている車です。いわばサブディーラーは正規ディーラーのお客さんにあたります。

そのため正規ディーラーがサブディーラーの価格を見てそれ以上の値引きをしてしまうということはお客さん、つまりサブディーラーの利益を横取りするような格好になります。サブディーラーへの交渉は正規ディーラーでできるだけ値引きの価格を引き出した後にしなくてはいけません。

4.値引きしやすいタイミングを狙おう

タイミングも安く購入するために重要な要素です。一番の狙い目は決算期である1月から3月

ディーラーはここで一年の売り上げが確定するので最後に少しでも売り上げを上げようと必死になりがちです。同じようにお盆明けの中間決算時期も狙い目です。

また、買い手が多くなる夏冬のボーナス時期も他社に負けないように売り上げを伸ばそうとするタイミングですので値引きがしやすくなります。

値引き交渉の流れの中でも値引きをしやすいタイミングがあります。

それは最後の最後、契約の直前です。営業マンもここまでこぎつけた客を逃したくはありません。車庫証明の代行料や端数の値引きであれば、「これを値引いてくれたら契約します」ということで簡単に要求が通りやすくなります。

以上、さまざまな値引きのテクニックを紹介してきましたが、全体を通して忘れてはいけないことがあります。

それは営業マンも人間であるということです。いくら売り上げのためとはいえ、自分は客なんだぞと上から目線で値引きを交渉するような人とは関わりたくなくなってしまうものです。

値引き交渉はあくまで、他の車と迷っているからなんとかお願いします、という態度で臨みましょう。

お得に買い替えるなら買い取り金額も大事

今回は値引きについて解説しましたが、安く買うだけがお得に車を買い替える方法ではありません。

買い替えをするのであれば今乗っている車は処分するはずです。

値引きしてもらえるからということで下取りに出そうとお考えかもしれませんが、買い取りをしてもらうなら買い取りの専門店を利用するべきです。

そこでオススメなのがネットの一括見積もりサービス。

このサービスを利用すれば交渉の基本、相見積もりを簡単に依頼することができます。仮に下取りで話を進めるとしても買い取り相場の価格を知っているかそうでないかは交渉を進める上で欠かせないポイントです。

買い取りの査定額は早ければ早いほど有利です。見積もりをしたからといって必ず売らなければいけないわけでもありません。とりあえずは買い取り額の目安を知るため見積もりを依頼してみましょう。