エルグランドをできるだけ値引きして購入したい、その方法を知りたいと思っていませんか。

この記事では営業マンと交渉をする際に知っておくべきポイントが載っています。さらにあなたでも簡単に実践できるものに限定して紹介しています。

この記事を読むことで簡単に値引きができて、その浮いたお金を家族のために使ったり自分のためにお金を使ったりできるようになります。

簡単な値引き術を実践して浮いたお金で旅行にいけたり、家族で美味しいもの食べられるのは幸せですよね?

エルグランド本体値引きとオプション値引きを分ける

まず交渉の初心者がやりがちなのが、エルグランド本体価格とオプションの値引きを混同してしまうことです。

エルグランド本体とオプションはだいぶ値引きの幅が違います。
オプションの方が値引きの幅は大きいですね。

まず本体価格の値引きをスタートして限界が来てこれ以上は無理そうだ!!と感じたら次はオプションにいくと覚えておきます。

本丸はエルグランド本体価格の値引きです。

値引きはエルグランドの営業マンの裁量が大きいと心得て仲良く関係を作ること

他サイトでエルグランドは平均〇〇万円値引きできました!!

とか言っているサイトがありますが、あれは大半は嘘です(笑)

なぜなら、どれくらいエルグランドや特定の車種をどれだけ値引きできるかどうかは「営業マンの裁量」にかかっているからです。

もっともそれでも無茶苦茶な額は応じてくれないでしょう。

営業マンも人間であることを忘れずに、しっかりと仲良くなり人間関係を構築して交渉するのが吉です。

こいつめんどくさいな!と思った客に大幅値引きはありえません。

下手に出る必要はありませんが、あくまで対等にしっかり会話をして優良顧客を演じましょう。

いつまでに欲しい・予算がいくらなどの情報を渡さない

これは要するにこのような予算がいくらでいつまでにほしいという情報を与えると営業マンに足元を見られてしまうから言わない方がいいといえます。

大してプッシュすることなく購入してくれる客は楽勝。
値引きも頑張らなくてもいいだろうと内心思っているはずですね。

エルグランドがほしい場合でも、似たような他社の競合車と迷っているけど一応見に来た!!という姿勢を崩さずにしておきましょう

見積もりもらっても他店と比較している・家族に相談するとお茶を濁す

ある一つの販売店からエルグランドの見積もりをもらったあなた。

その際にも即決をせずに「○○というメーカーの○○という車種と迷っているので比較検討したい」「奥さんに決裁権があるので相談して決める」などと言ってとりあえずその場を去りましょう。

エルグランドの競合車種なら

・トヨタアルフォード
・トヨタエスティマ

あたりでしょう

「早く買わないと他の人に取られてしまいますよ」
「この値段で買えるのは今だけです」

などの営業トークは無視でOKです。

なぜなら値引きの裁量は広いので、もっと下げる可能性が高いからです。

とりあえず営業マンがジャブを打ってきてると思ってかわしましょうね。

そのような感じで同じ要領でエルグランドを売っている販売店を数店舗周ります。

その後、販売店に連絡先を教えておくと以前に検討した販売店から「その後ご検討していただけましたか?」と催促がくるかと思います。

他の店舗の状況を話しながら「〇〇のお店は〇〇万円引いてくれた」から迷っているなど言ってみましょう。

そうすると「うちも負けていられない」とさらに大幅な値引きが誘えるかもですね。

その中で一番好印象な営業マンで、しかも一番値引きをしてくるところで買えばいいのです。

せっかく値引きしたのに下取りに出すのはNG

ここで注意してほしいのは、車を買うときに安易に今乗っている古い車を下取りを出さないということ。

なぜか?

下取り込みでエルグランドの値引き交渉をすると、古い車の下取り査定の方をすごく安くされて、最終的にあんまり安く車を買えないからです。

つまり値引きを頑張っているのに下取り価格でうまいこと調整されて、結局こっちは大損という感じになりますね。

ですから、少しでも安くエルグランドを買いたいなら、今乗っている古い車を下取りではなく「車買取」に出しましょうね。

なぜ下取りは安いのか??

ディーラーは中古車をさばく販売ノウハウがないからです。

ですから全体的に下取り価格は車買取の場合に比べて安くなってしまうんです。

このようなことから、下取りには出さずに車買取でより高く愛車を処分してみることをおススメします。

料金も無料ですぐに終わりますので一度一括査定をやってみることをおススメします。

1店舗1店舗ずつ買取店を周る手間もなくオススメです。

最後にオプションを付けてさらに値引きを検討

本体価格の値引きはそろそろ限界。
営業マンがこれ以上は無理!!としぶい顔をしている。

そういう場合に限ってオプション値引きに突入します。

もっとも無駄なオプションを付けまくるとトータルで、本体価格を頑張って値引きした意味がなくなり損をする可能性もあります。注意しましょう。

「〇〇と〇〇のオプションをつけるから5万円引いてほしい」という感じのいい方
「グレードを1個上げるから〇〇のオプションをつけてほしい」という交渉の仕方もありますね。

あくまで本丸は本体価格であることを忘れずに以上のことを検討してみましょう。